前へ
次へ

中国語学習の隙間時間に音声を使った勉強を

中国語学習において机に向かって勉強することが全てではありません。机に向かって勉強をすることはそれなりに大事なことではありますが、もっと勉強のために使える時間があるはずです。それは移動中や何もやっていない時間などの隙間時間を効果的に使うということです。隙間時間は完全なフリーというわけではありませんが、そこはながら学習をやることになります。ながら学習とは何かをしながら中国語学習を行うということです。電車に乗りながら中国語の音声を聞いたり、単語帳をチェックしたり、今日やったことを振り返ったりしたりするなど、自分なりに工夫をしてください。何かをしながら勉強をやるのであれば、中国語の音声を聞きながらリスニング能力を鍛えるのが一番いいでしょう。語学を学ぶ時に音声を使うのは必要不可欠で、どのように聞こえるのかということを確かめるようにするべきです。隙間時間を使って勉強をやるのは細切れになりますが、それを積み重ねることで次第に効果が上がってきます。

Page Top